ひとりでIKEA
GRD2と夜の街

802.11n は11n 専用かつ5GHz で

AirTunes

10年くらい前に買ったソニーのコンポ、DHC-MD77。どんどん動かなくなり最後はアンプとスピーカーだけ使ってましたが、とうとうダメになったのでONKYO のMA-500U を買いました。
さらに1人で仕事しているとあまりにも静かで寂しいのでONKYO のGX-D90 も買いました。

デジタルアンプはみんなAV 機能がとても充実しているのですが、僕は音楽がメインで、しかも小さなスピーカーで小さな音でしか聞かないからMA-500U で十分です。うれしいのは1万4千円と安くて光デジタル入力が3系統もあること。1つはAQUOS とつないで、もう1つはAirMac ExpressAirTunes。AirTunes はMacBook Air か、仕事部屋のMacBook Pro から飛ばします。

GX-D90 も光デジタル入力つき。こちらもアマゾンで1万4千円。でも僕の初代MacBook Pro にはデジタルアウトがないのでここでもAirTunes で飛ばしてます。オーディオメーカーのアンプを通した方がやっぱり音がいいだろうと思うのですが、そんなことよりこのスピーカー、小さいのにいい音してます。

いろいろやってみて我が家のLAN環境は上の図の構成に落ち着きました。

最初は、仕事部屋に置いた802.11 b/g 互換 モードのTime Capsule をWDS メインにして、リビングに置いた古いAirMac Express を802.11g モードでWDSリモートにしてみましたが、リビングから使うとどうにも不安定でダメでした。マンションの近隣のものも含めると8つもアクセスポイント見えるのでチャンネルが足りないのかもしれないです。

結局新しいAirMac Express を1台追加して、WDS は802.11n のみで構成。801.11g は古いAirMac Express が1台で担当という構成にしてみたらまともになりました。さらに802.11n を5GHz にすることでパフォーマンスもぐっと良くなりました。

2.4GHz だと802.11n は最高で45Mbps でしたが、5GHz だと60Mbps を超えて、Time Machine のバックアップも結構スムーズです。
障害物に弱い5GHz ですが、リビングで使っても15Mbps くらい出ているので十分です。
ちなみにTimeCapsule に有線でつなぐと最高で93Mbps。TimeCapsule のルーター性能もちゃんとしてます。
全部USENのスピードテストで計りました。

これで有線も無線もかなり快適になりました。

最後に、肝心のAirTunes でデジタル接続した音ですが、解像度があがってクリアになりました。。。っていう気分です(笑)

25年ぶりにオーディオ関係の情報種集をしてしまいました。昔はオーディオフェアなんかにも友達と出かけたものです。ネットじゃ音を聞けないからつまらないですね。

最後にヤフオクでJBL のパラゴンを見つけたんですが、やっぱり高いですね。。。お金も置くところもないですが。

追記:
DHC-MD77 をググってみたら、みなさん全く同じ壊れ方してて超笑えました。まず表示パネルが徐々に死んでいき、この方のようにCD のパネルに「REPAIR」と表示されます。僕は輪ゴムで対応しました(笑)。みなさん壊れても愛着をもって使える部分だけを使っているようでうれしくなりました。僕もまだスピーカーだけは使ってます。

Comments