GR

DSC_0755

ずっと待っていたAPS-CのGR、他の最新機種と比べても写りに大きな差は無いけれど、手軽さ、気軽さではGRが一番だと思います。


SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

愛用しているレンズ、“AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G” は、D700との組み合わせでは何の不満も無かったのに、D800Eでは色収差に悩まされていました。35mm 単焦点は一番良く使うので、近頃ずいぶんと評判のいい、 “SIGMA 35mm F1.4 DG HSM” を、NIKKORはドナドナする前提で購入しました。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

SIGMAのレンズもかっこ良くなりましたね。では早速試し撮り。

AF-S Nikkor 35mm f/1.4GAF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

SIGMA 35.0 mm F1.4 DG HSMSIGMA 35mm F1.4 DG HSM

どちらもD800Eに装着し、f/1.4, ISO100 で撮って、RAWファイルをAperture 3.4.3のデフォルトで現像しました。

NIKKORは、花びらの輪郭やグラスのハイライト部分に色収差による緑色が乗っていて、ボケがすっきりしてませんが、SIGMAはクリアに描写しています。

中央のピントが合っている部分もSIGMAの方がシャープで、紫と白のコントラストがしっかりとしているように感じます。

あとは好みの問題だと思うんですが、色収差が気にならなくなっただけでも嬉しいです。

NIKKORの収差はニコン純正のCapture NX2で現像すれば自動的に補正されるのかもしれないですが、僕はApertureのお手軽現像しかしないので、こうやって光学的に解決されている方が気持ちがいいです。

と、ここまで書いて、こんなに差がつくのものなのかなぁという気がしてきました。たしかにDxOMarkのテストで色収差は大きめなんですが、ここまでひどいのは、知らない間にぶつけて軸がずれてしまっただけのような気も。。。このまま手放すのも惜しいのでニコンに調整に出してみようかなぁ。。。

いや、このくらいの収差はかなり優秀な部類に入るのに、DP2 Merrillのような怪物と比べるからいけないんだ。この程度はレンズの味として受け入れるべきで、ちょっと気にしすぎたのかな。新しいレンズを買うと古いレンズがやたらと可愛く思えるから困ります。。。というか本来持っていた良さに気づかされますね。


elgato Thunderbolt SSD

仕事でクリーンなOS X環境が必要になることがあるので、“LaCie rugged triple”に環境を構築して、起動ディスクにして使っていました。FW800、FW400、USB2.0とインターフェースもいろいろ使えて、バスパワーで動くのでとても気に入ってました。

DSC_2097LaCie rugged triple

でも、SSDの内蔵ドライブに慣れてしまうと、起動ディスクとして使ったときに、FW800 の遅いインターフェースにはかなりいらいらします。

DSC_2098

新しいOS Xのちょっとした検証作業ならいいのですが、アプリのバグフィックスなどでは、Xcodeのバージョンを変えたくないことも多く、そういうときには古い環境で長時間作業することになるので、内蔵SSD並みの性能が欲しくなります。

DSC_2059elgato Thunderbolt™ SSD

というわけで、MacBook Pro (Retina) といっしょに発表された“Apple Thunderbolt - FireWireアダプタ”を待たずに、Thunderbolt に対応した “elgato Thunderbolt™ SSD” を購入しました。30GB(Lion) + 30GB (Mountain Lion) + 60GB (開発環境)という感じでパーティションを切れれば十分なので、120GBモデルです。

DSC_2099

外観はアルミボディで価格相応に質感が高いです。インターフェースはThunderboltポートがひとつだけで、バスパワーで動きます。ポートがひとつしかないので、デイジーチェーン接続できませんが、MacBook Pro (Retina) ならThunderboltポートが2つあるので、例えば、“Apple Thunderbolt - ギガビット Ethernetアダプタ”と同時に使うことができます。

Thunderbolt 対応製品は大抵そうですが、ケーブルが別売りなので要注意です。Apple純正は長さが2.0mのものしかないので、ポータブルドライブをつなぐには長過ぎます。住友電工の30cmのもので十分でしょう。

DSC_2100

大きさはこんな感じで結構大きいです。重量も意外なことに、LaCie rugged triple (260g) よりも少し重く、270gもあって、鞄にいれて持ち歩くには重いです。あと LaCie rugged triple のようなラバーのプロテクターが無く、落としたらダメージが大きいので、丁寧に扱う必要のある高級機ですね。

肝心のパフォーマンスですが、Lionをインストールして起動ディスクとして使ってみましたが、全くストレスがありません。

elgato Thunderbolt SSD 120GB

読み込みは200GB/sを少し超えるくらいで、Mac Pro (Mid 2010) のSSDと同程度でした。リンク速度は3ギガビットなんだと思います。ただ、書き込み速度はちょっと落ちてしまい、115MB/s。それでもFW800の2倍程度出ているので満足です。

ちなみに、“LaCie rugged triple (500GB, FW800)”の場合はこのくらいです。昔はこれでも速いと思っていたんですが、SSDが相手では、FW800のインターフェースが完全にボトルネックになってしまったようです。

LaCie rugged triple (500GB, FW800)

追記:GoFlex Thunderbolt Adapter に高速なSSDを差せばR/Wともに300MB/sオーバーの世界みたいです。Thunderbolt ってすごいですねぇ。


MacBook Pro with Retina Display におけるアプリの動作

Xcodeさえ使えれば、ほかはあまり気にしないので、気がつくのが遅れましたが、標準と呼ばれるアプリケーションでも、基本的な部分でまだRetinaディスプレイには対応できていないようです。

文字を扱うアプリケーションの画面をデジカメで撮影して並べてみました。

Retina 検証(テキスト)

ツールバーアイコンなどの解像度が足りないのは理解できるんですが、多くのアプリケーションで文字の描画も拡大表示になってしまいます。小さな文字で使うことの多いExcelあたりはかなりきついです。

Retinaに非対応で多くの人が困りそうなのは、Twitter、Pages、Keynote、Numbers、Adobe CS6、Office mac 2011あたりでしょうか。

エディタ系では、僕がよく使うBBEditがアウトでした。Jedit XやiText Pro、Scrivenerでは問題無かったです。ツールバーアイコンはぼけますが、書くだけなら快適です。

OmniGraffle Professionalも文字や図形はちゃんとRetina品質で表示されます。TwitterクライアントのEchofonも大丈夫でした。

Apertureのように完全対応するには、ツールバーアイコンなど、UIに使われているすべての画像で2倍サイズのものを用意する必要があります。アイコンの多いOffice macやCS6では、ものすごく大変な作業になりますね。

ことえりの入力モードアイコン

ちなみに、ことえりの入力モードアイコンは全部PDFです。これなら解像度に依存しなくていいですね。

Untitled

不思議なことに、2006年に発売されたegword Universal 2はちゃんとRetinaディスプレイの性能を引き出していました。僕も送り状などは、今でもegword Universal 2で作っているのでとても助かります。


MacBook Pro with Retina Display を購入

DSC_1901

僕はWWDCに参加せず日本にいます。渡米するのが体力的にしんどいのが一番の理由で、いつも会社のほかのメンバーにお願いしてます。

WWDCに行かないもう一つの理由は、発表された内容に応じて、日本ですぐに動けるようにするためです。例えば新しいiOSへの対応作業に取りかかったり、発売された製品をいち早く入手して、アプリの動作確認をしたりといった作業をするためです。こういうのは、一番コードを書いている僕が対応するのが確実なので、僕はWWDCには行かないで、毎年日本にいることにしています。

さて、日本残留組にとっても楽しみな、深夜のWWDC基調講演なんですが、今回はぐっすり寝てしまい、朝起きて、お宝ブログで内容を確認しました。

とりあえずiOS6はまだ先なのでよしとして、Retina Displayを搭載したMacBook Proは「かわせみ」の動作確認というか、表示確認に必要だろうなぁと思い、家事を済ませてからApple Store銀座まで出かけました。

10時開店の30分前についたんですが、すでに30番目くらいでした。「いまどきノートパソコンを買うのに並ぶことになるなんて!」と思っていると...

Untitled

Apple Storeのスタッフが「Retina Displayを搭載したMacBook Proは入荷が非常に少ないので、今からお並びいただいても購入できないことがあります。」と叫んでます。

「えー!それなら家事なんて放っておいて、もっと早く来れば良かった!」とちょっと焦りながら待っていると、「2.6GHzのUSキーボードモデルは終了しました」とのこと。

「は、はやすぎだろ...神様、2.6GHzのJISキーボードモデルが僕のところまで残っていてくれますように」と早くも自分さえ良ければの神頼みモード。

しばらくしてスタッフが注文を取りにきてくれて、やっと安心できました。

無事に在庫を確保でき、Thunderbolt-Ethernetアダプタも一緒に購入して、10:45頃にお店を出ました。Apple Store 銀座から家までは車で20分くらいなので、11時過ぎには帰って来れたんですが、実は11時からサンフランシスコのメンバーとミーティングの予定だったので、ちょっと遅刻してしまったんです。

それでも新しいマシンでミーティングしようと思い、開始を15分遅らせてもらって、その間に箱から出して起動して、Apple IDを入れてローカルのアカウントを作って、11:15から江東区、豊島区、サンフランシスコの3カ所を結んでミーティングすることができました。

ミーティング

こうやって、箱から出してあっという間に使えるのはすばらしいですね。連絡先やカレンダーも瞬時に同期され、すぐに仕事で使えます。iCloudとMac App Storeのおかげで、古いマシンからの移行はやらなくなりました。アプリも必要になったときにダウンロードしてます。本当に便利な世の中ですね。


地球儀

DSC_1704

少し前ですが、地球儀を買いました。

小学3年生になった息子が欲しがったというのがきっかけで、最初は空気で膨らむようなので十分だと思ったんですが、自分も小学生のときに、買ってもらった地球儀を結構見ていたし、自分が勉強した頃からヨーロッパの国境が相当変わっているので、しっかりとした地球儀を買ってみようと思ったのです。

店頭で見てみると、南ヨーロッパ諸国の国境は結構大きなサイズじゃないと識別できないくらい細かい...というか老眼の始まった目には、小さなサイズは厳しすぎで、結局30cmくらいの大きめのじゃないダメだということがわかりました。

デザインは、インテリアになるようなものがいいなぁと思ったんですが、やはり実用的ですっきりしたものの方が読みやすく、結局普通の水色をした地球儀が一番という結論に至りました。

銀座伊東屋に2回も行って、店頭で相当悩んで選んだのは、渡辺教具製作所のリブラというタイプ。30cmの行政型です。同じ渡辺教具製作所のWJと迷ったんですが、リブラは地勢もすこし入ったハイブリッドで、息子が使うのにもちょうど良く、さらにWJよりかなり安いというのが決め手でした。

この製品で、一番気に入っているのはフォントです。スッキリとしていて、読みやすさは圧倒的です。

あと、地軸とは別に南北の半球を回転させられるので、座ったままでも使いやすいのも良かったです。

DSC_1705


金環日食

金環日食

あいにくの曇り空でしたが、雲が薄くなったところできれいなリングを観察できました。ND100000を装着したゴーヨンの出番はほとんど無し。70-200mmにND8フィルタを付けてちょうど良かったです。


満月

Moon (99.3%)

スーパームーンは明日のお昼で、今夜の月は99%ちょっとの満月だそうです。 少し前に手に入れたD800Eで撮りました。月が画面一杯にくるようにトリミングしても縦横2000ピクセルもあります。もっと空気の澄んだ場所なら、細かなクレーターもくっきりと写ると思います。


4周年

会社を設立して4年が経ちました。2008年2月29日に設立したので、4年に1度の記念日です。

これは記念のエントリでも何でも無く、まず最初に、「Mac で文章を書く人々に対して、創造力を最大限に発揮できる道具を提供することを目的としています。」という、設立時の目的をほとんど達成できていないことを、多くの方にお詫びしなければなりません。

応援してくださっている皆さまは、「物を書く道具」を心待ちにしていることと思いますが、未だにリリースすることができず、申し訳なく思っています。

iPhone アプリの開発を始めてから、エディタの開発はあまり進んでいません。簡単な入力ができるレベルで止まっています。本当に申し訳ありません。

僕は、iPhone アプリをあと4タイトル作る約束をしています。辞書のタイトルが2つと子供向けのタイトルが2つです。これらが終われば、担当する企画はしばらく無いので、エディタの開発を再開できます。あと5ヶ月くらいだと思います。

言い出しづらくなった子供と同じで、ブログも更新せず、状況も説明せず、情けない状態でした。皆さまの期待を裏切ってしまい、申し訳ありませんでした。

「Mac で文章を書く人々に対して、創造力を最大限に発揮できる道具を提供したい」という気持ちは全く変わっていないので、僕が作ったツールですばらしいものを、たくさん書いてもらえる日が来るようにがんばります。