SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

愛用しているレンズ、“AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G” は、D700との組み合わせでは何の不満も無かったのに、D800Eでは色収差に悩まされていました。35mm 単焦点は一番良く使うので、近頃ずいぶんと評判のいい、 “SIGMA 35mm F1.4 DG HSM” を、NIKKORはドナドナする前提で購入しました。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

SIGMAのレンズもかっこ良くなりましたね。では早速試し撮り。

AF-S Nikkor 35mm f/1.4GAF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

SIGMA 35.0 mm F1.4 DG HSMSIGMA 35mm F1.4 DG HSM

どちらもD800Eに装着し、f/1.4, ISO100 で撮って、RAWファイルをAperture 3.4.3のデフォルトで現像しました。

NIKKORは、花びらの輪郭やグラスのハイライト部分に色収差による緑色が乗っていて、ボケがすっきりしてませんが、SIGMAはクリアに描写しています。

中央のピントが合っている部分もSIGMAの方がシャープで、紫と白のコントラストがしっかりとしているように感じます。

あとは好みの問題だと思うんですが、色収差が気にならなくなっただけでも嬉しいです。

NIKKORの収差はニコン純正のCapture NX2で現像すれば自動的に補正されるのかもしれないですが、僕はApertureのお手軽現像しかしないので、こうやって光学的に解決されている方が気持ちがいいです。

と、ここまで書いて、こんなに差がつくのものなのかなぁという気がしてきました。たしかにDxOMarkのテストで色収差は大きめなんですが、ここまでひどいのは、知らない間にぶつけて軸がずれてしまっただけのような気も。。。このまま手放すのも惜しいのでニコンに調整に出してみようかなぁ。。。

いや、このくらいの収差はかなり優秀な部類に入るのに、DP2 Merrillのような怪物と比べるからいけないんだ。この程度はレンズの味として受け入れるべきで、ちょっと気にしすぎたのかな。新しいレンズを買うと古いレンズがやたらと可愛く思えるから困ります。。。というか本来持っていた良さに気づかされますね。


金環日食

金環日食

あいにくの曇り空でしたが、雲が薄くなったところできれいなリングを観察できました。ND100000を装着したゴーヨンの出番はほとんど無し。70-200mmにND8フィルタを付けてちょうど良かったです。


満月

Moon (99.3%)

スーパームーンは明日のお昼で、今夜の月は99%ちょっとの満月だそうです。 少し前に手に入れたD800Eで撮りました。月が画面一杯にくるようにトリミングしても縦横2000ピクセルもあります。もっと空気の澄んだ場所なら、細かなクレーターもくっきりと写ると思います。