TOKYO MOTOR SHOW 2013

息子と一緒に東京モーターショー2013に行ってきました。撮影はすべてD7100 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM で、Adobe Photoshop Lightroom 5 で現像しました。

まずはメルセデスのブース。S65 AMG Long。V12ですね。ちょっと前、現行というかひとつ前のモデルが隣を走っていたんですが、V12サウンドはしびれますね。音を聞きたくてがんばったんですが、あっという間に置いていかれました。

S65 AMG long(ワールドプレミア)

こちらは超ロングノーズがしびれます。

SLS AMG GT FINAL EDITION(ワールドプレミア)

Sクラスクーペのコンセプトですが、のびやかなデザインで美しいです。高級クーペは都内だとベントレーをよく見かけますが、メルセデスだとポジション的に難しいかな?

S-Class Coupé Concept

CLA 45 AMG 4MATIC。最強の2リッターターボエンジン搭載ですね。そういえば 4MATIC なのに右ハンドルです。今年のメルセデスは右ハンドルがんばってます。EクラスのカブリオレやGクラスにも右ハンドルが登場しました。富裕層の奥様方に売り込むには右ハンドルの方がいいでしょうね。

CLA 45 AMG 4MATIC

続いてお隣ブースの KEN OKUYAMA DESIGN kode9。890kgの軽量ボディに370PSのエンジンを搭載したスパルタンなマシンですが、なんとなくかわいいです。

KEN OKUYAMA DESIGN kode9

ちょっと飛ばして、Audi のブース。Audi R8 Spyder(V10)。息子曰く「やっぱりR8はV10だよね」そりゃ言うだけならお父さんもV10だよ(笑)。これもちょっと前に目の前を走っていたんですが(東京って凄すぎ)V10サウンドもいいですねぇ。

Audi R8 Spyder

続いてお隣のランドローバー。レンジローバー・スポーツです。レンジローバーはあまり見かけなくなりましたね。カイエンとかいろいろありますからね。学生の頃にレガシィに乗っていたので駐車場を借りていたんですが、「学生専用」なのに隣の車がレンジローバーでした。懐かしいです。

レンジローバー・スポーツ

続いてジャガーです。F-TYPE R COUPE。真っ白な車は写真を撮るのが難しいです。ローバーもジャガーも英国以外のメーカーの傘下になってしまったので、日本でのブランド力の低下はかなり大きいでしょうね。でも007の映画に出てくると、ジャガーもレンジローバーもやっぱり英国車なんだなぁって感じます。

ジャガー Fタイプ クーペ(ワールドプレミア)

続いてLEXUS。気付いたら外車ばかり見てて国産はあんまり見てませんでした。これは LEXUS RC です。色が素敵ですね。フロントフェンダーからリアにかけてのサイドラインも美しいです。

LEXUS RC(ワールドプレミア)

続いてBMW。お約束の BMW i8ですが、他のカラーリングを見てみたいですね。

BMW i8

M6 グランクーペ。6シリーズはちょっとエレガントな印象ですが、これはカラーリングといいかなりスパルタンな雰囲気です。全長が5メートルを超えると金額以上に所有できる人は限られますね。

BMW M6 グラン クーペ

4シリーズ カブリオレ。トランクが開いちゃってますが、想像していたよりもずんぐりした印象でした。せっかくのワールドプレミアなので、もうちょっと展示に工夫があってもいいのになぁと思いました。

BMW 4シリーズ カブリオレ(ワールドプレミア)

最後はGT-R NISMO。息子の最大の目的がこの車でした。これが1,500万円なら安いんでしょうね。いろんなところが専用品に置き換わってます。GT-Rはがんばって買っても維持が大変です。300kmで安心して走れるようにメンテはきっちりやってもらいますだそうです。追浜のテストコースで自分でハンドルを握って 0-100km/h 加速の体験をしたことがあるんですが、視界が暗くなって意識が遠のきました。サーキットで遊べる余裕がないともったいないです。

GT-R NISMO(ワールドプレミア)

という感じで、息子と2人、コンパニオンのお姉さんには目もくれず高級車で目の保養をしてきました。どの車もキラキラしてて惹かれるものがあります。いつかこういうのに乗りたいからがんばるぞっていうのもいいんじゃないかなぁと思います。

TOKYO MOTOR SHOW 2013 on Flickr