Previous month:
April 2010
Next month:
December 2010

Mac のサウンド出力設定が保存されないときは...

僕は Mac Pro にオンキヨーの GX-D90 を光デジタル端子で繋いで使っているんですが、Mac Pro を新しくしてからいくら指定しても再起動後に内蔵スピーカーからの出力になってしまっていました。

アクセス権の修復など基本的なところをチェックしたり、関係しそうなplist を捨てたりしても解決しないのであきらめていたら、Apple の木田さんがTwitter で解決方法を教えてくださいました。

ターミナルで、

sudo chown -R _coreaudiod:_coreaudiod /Library/Preferences/Audio

とすれば解決。簡単。良かった。 /Library/Preferences の中に Audio というフォルダがなければFinder で作ってから実行すれば大丈夫です。

きっと、Audio フォルダのアクセス権が root:admin とかになってると書き込めないんですね。_coreaudiod は思いつきませんでした。

それにしても木田さんにはいつも教えていただいてばかり。例えばこのTypepad のブログも2004年に教えていただきました。Flickr は2005年に。「写真なんて全部 Flickr に上げてお終いですよ」と聞き、「へー、米国にはそんな豪快なサービスがあるんですか!」と驚いたものです。さすがApple の中の人ですね!


中秋の名月

Nikon AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR
Nikon Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
Nikon D300
Manfrotto 503HDV
Gitzo GT5541LS

満月は明日23日だけど今日が中秋なんですね。月の観察が娘の宿題にもなっていたので近くの土手で撮ってきました。


Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2

1999年にはじめて買ったデジカメ、“Sony Cyber-shot F55”。こいつのレンズは、“Carl Zeiss Distagon 2.8/6.85(35mm換算で37mm)”でした。

2004年に“Sony Cyber-shot F77A”に買い替えました。F55と同じように自分撮りできるモデル。レンズはやっぱり“Carl Zeiss Distagon 2.8/7.65(35mm換算で37mm)”でした。

2010年...つい数日前ですが、D700と一緒に使おうと“Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2”を購入しました。

画角はGR DIGITAL IIと同じ28mm。28mmは気軽に撮るのにちょうど良くて大好きな画角です。

マウントはCPU内蔵のZF.2。ボディ側からはAi-Pレンズと認識されて、プログラムオートやシャッター優先オートといった露出モードが全部使えて便利。

便利な分、CPUなしのZFより値が張るんですが、シャッター優先オートは暗いところで動き回る子どもたちを撮るのに便利なのでせっかく買うならCPUありかなと思います。

DSC_8055

近所の土手で試し撮り。評判通りのすばらしい写りですね...ってこのレンズの評判は↓でしか読んだことがないんですが(笑)

【特別企画】D700でカールツァイス/フォクトレンダーレンズを試す

このレンズで撮ったほかの写真はこちらにあります。

と、5ヶ月ぶりに無理やりブログを書いてみたのでした(^^;