事業撤退
最高のメンバー達

Mac の日本市場

Apple_cpu_sales
<クリックで拡大>

ソフトウェアのバージョンアップビジネスモデルは常に新規ユーザの獲得が最重要課題となります。もちろん既存顧客のバージョンアップ応諾率を高めることも重要ですが、応諾率はどんなにがんばっても100%にならないこと、バージョンアップ価格が一般に製品価格の半分以下であることから、成長の絵を描くには新規ユーザをいかに獲得するかがポイントになります。

グラフは2001年の1-3月期から、先日発表された2007年10-12月期までのApple のCPU 出荷台数推移です。各四半期における直前1年間の販売台数をプロットしてあります。

これを見ると一目瞭然ですが、日本市場はこの7年の間全く成長していないどころか縮小しているとさえ言えます。グラフの期間中World Wide の出荷台数が最も少なかった2003年4-6月期を基準にすると、北米は2倍、ヨーロッパはなんと3.1倍、直営店(Retail)は10倍、日本をのぞくアジア太平洋地域(Other Segments)でも3.3倍とiPod のヒットに比例して大幅に伸びています。

各地域の販売台数には各地域における直営店の販売台数は含まれていません。日本にも優良店である銀座をはじめ7店舗がありますが、仮に全200店舗の5%が日本国内で販売されていたとしても成長率はごく僅かです。

私の作っていたソフトは日本国内専用であったために、新規ユーザ獲得という点で非常に厳しい状況にあったわけです。逆に言えば熱心なファンの方々に支えていただいたお陰でここまで続けられたのです。
日本のMacユーザは高齢化が進んでいます。それこそ68kの時代からMacを使っているコアなユーザの買い替え、買い増しに支えられています。熱心なMac Fan の存在は世界中で共通ですが、日本以外の市場ではiPod を起爆剤に新しい若いユーザをうまく取り込むことができたのです。

最近になって日本も少しだけ伸び始めています。日本は1-3月期がもっとも売れる時期ですが、直前の10-12月期は9.1万台出荷しました。これは2001年以来の水準です。この調子でいけば1-3月期は12万台を超えるかもしれませんが、それでも海外の成長にはほど遠いのです。

がんばれアップル!

追記:市場横ばいだけが理由ではない

Comments