Previous month:
May 2005
Next month:
July 2005

少しは自分で考えろ!

うちの娘は4歳9ヶ月。
「なんで?なんで?」の質問攻めもいいかげんに卒業してもらいたいと思っている。

今日はコンビニに行った帰りにマンションの機械式駐車場にはしごがついているのを見つけて...

娘:「パパ〜、なんではしごがついてるの?」
父:「何でだと思う?」
娘:「う〜ん、はしごは上に登るためにあるんだから〜...」
父:「そうだよな、じゃあなんではしごがついてるの?」
娘:「上に登って駐車場を修理するためだ!」
父:「そうだよ、そうやって論理的に思考を進めていけば聞かなくたって分かるだろ、聞く前に自分でちゃんと考えろ!」
娘:「うん、わかった〜」

ホントにわかっているとは思えないけど、僕は娘が話し始めた頃から「ロジカルに考えろ!」「知恵を絞れ!」「工夫しろ!」と言ってきた。「できないの〜」と言われても「どうやったらできるのか考えて工夫しろ!」と突き放すこともしばしば。
幼い娘相手に自分でもアホな親だと思うけれど、これが意外に効果があるようで、最近ではこっちが驚かされることもあるくらい根付いてきている...気がする。

「知恵を絞って工夫する」ことで人類は発展してきた。その基礎だけは子供にしっかりと教えたいと思う。


はじめてのお弁当

Papa_lunch

女房が泊まりの出張につき今朝はパパが人生で初めてチビ達にお弁当を作りました。
夕飯はお迎え担当の日によく作るけど、朝が苦手なパパがお弁当を作ったことがないのだ。

朝、5時30分に目覚ましなしで起きて作りました。3時くらいから何度も目が覚めるほどの気合いでしたが...
よっしゃ〜肉ジャガでも作るかと意気込んで起きてみたら、ジャガイモがなかった...
結局調理したのは卵焼き&ブロッコリーだけ。

反省点は、ちゃんとお弁当箱を確認すること。
卵焼きを小さく切りすぎました。お弁当箱の半分の高さしかなくてボリューム感がなくておいしくなさそう...
あと、お姉ちゃんのお弁当箱の青い器に野菜を入れちゃったけど、黄色い方に入れた方が彩りがよろしかったと反省。
もうひとつは、ご飯がちょっと固かったかも...

毎日作っている女房に感謝感謝。


最終日はステーキ

Steak

WWDC Week は今日でおしまい。さすがに疲れた。
ディナーのしめはステーキ。前回来たのと同じお店で今年はTボーンステーキを食べました。
家ではチビ達がいるせいでこんなごっついお肉は食べません。なので、ステーキを食べるのを楽しみにしていたのだ。
夜に別の予定があるにも関わらずつきあってくれたM山さんに感謝感謝です。

こんなに食えるのかっていうくらいのボリュームなんだけど、これがペロリといけちゃうから不思議。

Cut

サンノゼで始めて食べたときはミディアムでもレアレアで、これでレアだったらどうなっちゃうの?というくらい血が滴ってたけど、このお店は普通にミディアム。

満足満足。


カンパニーストア

Tshirts

WWDC では木曜日の夕方からApple の本社オフィスで「キャンパスバッシュ」という名のパーティーをするのが恒例。
サンフランシスコからシャトルバスに乗って小一時間。クパチーノに今年も行ってきました。

カンパニーストアでチビ達におみやげを購入。
サイズの表記が日本と違ってて、チビ達を想像しながら買ってみたけど大丈夫かなぁ?多分弟君のは大きめ。丈が短くてお腹が出ちゃいそうだったので。お姉ちゃんはちょうどいいはず...やっぱ大きかったかなぁ?自信がなくなってきた...


朝食

Diner

WWDC 2005 も今日と明日で終わり。
時差ボケがちっとも解消できず、今日も5時起き。全然眠れません。
眠れなくてボーっとしてても何故か食欲は問題なし。

Moscone の近くのお店で今日も朝からハンバーガーをパクついてしまった。パティはどちらかというとパサパサした感じなんだけどバンズとのマッチングなのか、何故か美味かった。

Hamburger

周りのお客さんを見てると、みんなゆっくりと食事してます。「朝マックで5分ですませました〜」とは全然違う世界。


のりひと

Norihito

ホテルニッコーの下にあるスタバでラテを注文したら名前をひらがなで書いてくれた。
でき上がったら「のりさ〜ん」と呼んでくれた。
ちょっと嬉しかった。

NORIHITOって一度言っただけでちゃんと分かるなんてすごいなぁ
ヒロヒトと間違われなくて良かった...


火曜日も中華

昨日に続き、今日も中華。

今日は昔うちの会社にいた人と、今度一緒に仕事をするかもしれない人といっしょ。
実は昨日の夜から熱が出て今日の午前中までホテルで死んでいたんだけど、なんとか復活。

チャイナタウンまで歩いて適当に入ったお店。繁盛してるみたいで20分ほど待ちました。
ここのメニュー、日本語で説明が書いてあるんだけど笑えます。

Hot_sour

「酸っぱ辛スープ」...これじゃあちっとも美味しそうじゃないよ!

Chinese

どれも普通に美味しかった。満足。


ぱろある亭にお邪魔しました

月曜の夜は木田さんと中華を食べに行き、パロアルトにある木田さん宅でお茶をご馳走になりました。
奥様、夜遅くに押し掛けてすみませんでした。お茶美味しかったです。

さてさて、木田さんのお嬢さん、めちゃめちゃかわいいのだ。うちの娘と同じ4歳なんだけど、日本語を話すお客さんがうれしいらしくかなりテンション上がってました。寝るのが遅くなっちゃったけど朝は大丈夫だったかな?
iChat AV で満足してたけど、木田さんのお嬢さんを見ていたら早く帰りたくなってしまった。

木田さんの家にあった本格飯事セット。素敵です。これはうちの娘には見せられません。
Playroom

欲しがってもうちには置くところがないからね〜。


Keynote

Keynote_line

今回のKeynote はVIP シートに招待していただきました。今回は3800人以上の参加。Keynote を良い席で見るために並ぶのも大変です。

VIP シートの人は先に入場。通路の後ろにある前の人の頭が邪魔にならない席に座りました。結局VIP シートに余りが出て開放されてましたよ。前の方の席に空きが目立つと後からSteve に叱られるのかな?係の人が必死に埋めてました。

さて、今回のKeynote はいたってシンプルで、ずばり「Transition」。

次のMac OS X v10.5 Leopard が2006年後半から2007年前半にかけて出るってのもあったけど、Intel への移行の話が大半。

Intel CEO のPaul Otellini さんがIntel とApple の歴史を振り返りながら今回の提携がいかにすばらしいのかを力説しました。話の最後では会場全体がデベロッパの暖かい拍手で包まれました。2社のコラボレーションによってどんな革新的な製品が生まれるのか楽しみです。