Previous month:
October 2004
Next month:
December 2004

デカペヤング

Big_peyoung

mixi でマイミクになった方にインスパイアされて、「超大盛ペヤングソースやきそば」に挑戦。今日は会社でコンビニ弁当を食べて帰ってきたのに、帰ってきたらおなかが空いてしまったので買ってみました。

Big_peyoung2

たしかにデカイ。普通のペヤングが2個入っていて、1,099kcal もあるんだって。

ソースもたっぷりで、「え、こんなにドボドボかけるんすか?」てな感じで塩分がちょっと心配。
味はペヤングのまんまだけど、おなかいっぱいになっていい感じでした。

今日の夜食の相棒は「SUNTORY Super PREMIUM MALT'S」
冬限定物かと思ったらセブンイレブン限定なだけなんだ。味は普通のMALT'S のほうがすっきりしてて好きだな。特に超大盛ペヤングがつまみだとアサヒのスーパードライかコーラがスカっとしていいかも。

ゲップ


アップルジャパンがんばれ!

Mac_

グラフ(クリックで拡大)はApple の決算発表に基づくここ数年の日本国内におけるMac のCPU の販売台数の推移。
この前の四半期はたったの5万6千台しか販売できず、直近1年の累計販売台数もとうとう30万台を割り込みました。

こんなジリ貧市場で、エンジニアとしてこれからも生きていこうとしている私はアホなのでしょうか。

Continue reading "アップルジャパンがんばれ!" »


訪問者

このブログは、訪問者がどのサイトからやって来たのかがわかるようになっている。
ほとんどは、知り合いがブックマークなどから直接やって来るか、女房のブログから飛んでくるんだけど、検索で飛んでくる人たちも結構いる。

Continue reading "訪問者" »


夫に聞く やってもいい家事

日経新聞 土曜版「NIKKEI プラス 1」の何でもランキングのタイトル。
この表現はすごいね。「やってもいい」だって。

女房によると、むぎ畑の掲示板でもこのタイトルはかなりバッシングされているらしい。

この記事を見た僕と同世代の男性の多くがこのタイトルに違和感を感じたことを期待するけど、もっと上の世代だと今でもこういう考え方が主流なのだろうか。

こんなタイトルだとセックスがランクインしてるんじゃないかと思ったけど、さすがになかったな。


あなたはサンタを信じますか?

さっきお姉ちゃんに「ねぇ、奈々ちゃんはクリスマスに何が欲しいの?」って聞いたら、「サンタさんが適当に選んでくれるの。何がもらえるのかは、お楽しみなの」って言われた。
さらに、「サンタさんはどこにいるの?」って聞いたら、「北極にいるんだよ」って大まじめに答えた。 ホントにサンタクロースを信じてるんだ。

Continue reading "あなたはサンタを信じますか?" »


卒業アルバム

本棚で高校の卒業アルバムを見つけてしまった。
こういうのは見始めると時間があっという間に過ぎてしまう。
あ〜こんな奴クラスにいたなぁ〜と思い出してみたり、
記憶では隣の高校に通っていたはずの子が同じクラスにいてマジで驚いたり...

自分の卒業アルバムに続いて妻の高校の卒業アルバムを見た。
ちょっと、この可愛い娘は誰よって、妻だった。
若いというか、何というか、要するに子供だ。

続いて妻の大学の卒業アルバムを見た。
ちょっと、この可愛い娘は誰よって、妻だった。
初々しい、うちの会社にもこんな新入社員入ってこないかなぁっていう感じ。

大学2年の11月に妻と出会ったからちょうど13年が経過。
ずっと一緒にいると変化に気付かないけど、こうやって昔の写真を見るとお互い大人になりましたねぇという感じだ。


人に話すときの妻の呼び方

僕は人に話すときに妻のことを「うちの奥さん」と言っているけど、これはすごく変だと思う。

妻の呼び方には、「嫁さん」「奥さん」「妻」「家内」「かみさん」「かあちゃん」「嫁」「女房」などなどいろいろあるけど、このページによると「嫁さん」が半数近くいて、以下この順で少なくなっているらしい。

「女房」なんてめちゃめちゃカッコいいと思うんだけど、そう呼んでいる人は0.7%しかいない。たしかに身の回りでも聞いたことないな。
「妻」は文章やフォーマルな場面では使うけど普段使いにはちょっと気取りすぎ。

僕の妻はフルタイムで仕事をしているから「家内」ではないし、嫁に来ていただいたっていう感じでもないから嫁系もピンと来ない。

「かみさん」は刑事コロンボっぽくていいんだけど、妻はどう見ても「かみさん」というタイプではない。

となると「奥さん」以外だと「女房」が一番しっくり来るような気がする。
でも、「今日は女房が仕事で遅くなるんで...」っていうのも変だなぁ。
「女房」は家にいる感じがするから、やっぱりフォーマルな場面では「妻」、それ以外は「奥さん」になってしまうのか。

でも「女房が風邪なんで今日はまっすぐ帰ります」なんてさらっと言ってみたいぞ。
返事をするときの「あぁ」と一緒で「女房」もかなり難しいセリフだ。